自然に恵まれて穏やかに暮らせる豊島園駅

豊島園駅は、東京都練馬区にある西武鉄道と都営地下鉄である東京都交通局の駅です!
よく駅を使う人であれば間違えることはないと思いますが、思わず「とよしまえんえき」と読んでしまいそうになりますね。
正しくは「としまえんえき」
ちなみに、23区内有数の遊園地であるとしまえんの最寄駅であるんですよ。
ここでは、そんな豊島園駅についてご紹介していきたいと思います!

豊島園駅の歴史ってどうなってるの?

まずは、豊島園駅の歴史についてお話ししていきましょう!
豊島園駅の歴史が始まるのは、昭和2年のことです。
昭和2年、当時は武蔵野鉄道豊島線豊島駅として開業しました。
このときは東京府北豊島郡下練馬村・・・と今とは違う場所に開業しているんです。
昭和8年には、豊島園駅に名前を改めました。
昭和20年には、武蔵野鉄道が陸上交通事業調整法によって西武鉄道を合併します。
これによって、西武農業鉄道という名前に変わります。
翌年の昭和21年には、その西武農業鉄道が西武鉄道へとさらに名前を改めることになります。
平成3年には、西武鉄道で初めて自動改札機を設置しました。
豊島園駅が初めてというのはちょっと嬉しいですよね!
同じ年に、都営地下鉄12号線の駅も開業することとなりました。
平成12年には、都営地下鉄12号線が大江戸線に名前を改めます。
平成25年には大江戸線ホームでホームドアが稼働するようになり、現在に至るという感じですね。

豊島園駅周辺の特徴って?

次は、豊島園駅の周辺の特徴についてです!
西武鉄道のほうは、駅周辺には駅名の通り、としまえんがあります。
あとは、向山庭園やスターバックス・コーヒーもありますね。
駅前にスタバがあると、ちょっとそれだけでテンションが上がりませんか?
東京都交通局のほうでは、郵便局や銀行、コンビニ、交番などが見られます。
ちなみに、トイザらス・ベビーザらスもありますよ!
大人でもちょっと嬉しいですよね。
バス路線に関してもお話ししておきましょう。
バス停留所で「豊島園」というものがあるのですが、豊島園通りにあってこの停留所はどちらかというと大江戸線駅のほうに近いんですよね。
2000年代の頭までは結構いろいろなバスが行き交っていたんですが、今ではバスは控えめな感じです。
何でも開かずの踏切のせいで渋滞が起こってしまって、バスの運行が難しくなってしまったそうですよ。
廃止になってしまったバスの路線も結構多いようなので、バスに乗るのが好きな人にはちょっと寂しいかもしれませんね。
もともとバスの折返場もあったんですが、練馬駅北口のロータリーが完成したことによって使用中止になってしまいました。
この折返場の隣にはとしまえん駐車場もあったのですが、両方とも閉鎖となってしまったようです。
ちなみに、その跡地に「ユナイテッド・シネマとしまえん」があるんですよ!

豊島園駅周辺の住みやすさは?

では、最後に豊島園駅周辺の住みやすさについてお話ししていきたいと思います!
豊島園駅の魅力は、やっぱり池袋まで電車で15分というアクセスのよさですよね。
乗り換えなしの好立地は本当にありがたいです。
意外に駅周辺には自然も多いですし、全体的に穏やかな街並みが広がっています。
そして、賃貸物件を借りる上で重要な家賃も低めなんです!
周辺エリアと比べると、家賃相場が低めなので毎月の家賃を節約したいという人にもピッタリですね!
他のエリアと同じ予算でも豊島園駅周辺であれば、かなり広い間取りを借りられる可能性もあります。
ただ、豊島園駅周辺はちょっと坂が多いんですよね。
普段から運動している人には平気かもしれませんが、徒歩での移動がちょっと大変になるかもしれません。
もちろん、車やバイク、電動自転車の移動であればまったく問題はありませんね。
あとは、駅周辺には飲食店が少ないですね。
チェーン店などはありますし、飲食店がまったくないわけではないんです。
ただ、何かを食べようかなと思ったときに選択肢が少ない感じはあります。
でもスタバがあれば十分かなって思っちゃう部分もありますよね!

自然に恵まれて穏やかに暮らせる豊島園駅についてはうぐいす不動産に聞いてみましょう!