ピュリナ-ワン-避妊・去勢した猫の体重ケア-避妊・去勢後から全ての年齢に-

避妊・去勢した猫の体重ケア

生後6ヶ月を過ぎると生殖器の成長が始まり早い猫で繁殖期によるさかりが気になることもあります。メス猫を飼っているご家庭では「避妊手術」を、オス猫を飼っているご家庭では「去勢手術」をする場合が多いでしょう。そんな避妊手術や去勢手術後の猫は、今までとは違う食生活で術後のサポートをしてあげる必要があります。

■猫の避妊手術・去勢手術の後のキャットフードとは

猫にとって避妊手術も去勢手術も少なからず負担がかかります。麻酔をかけて行ないますので、麻酔が完全に抜けるまでは絶食するように医師からも説明があると思います。病院から家に帰ってきた猫は徐々に食欲を取り戻す場合もあれば、なかにはしばらく何も食べてくれない場合もあるなど、個人差がでやすい時でもあります。だからこそ猫の食欲を少しでも促進してあげるキャットフードや、術後の猫の体に負担をかけないキャットフードを選ぶ必要があります。

(1)高タンパク質・低カロリー

術後すぐの猫はどうしても食欲が低減してしまいがちになります。できるだけ質のいいたんぱく質を配合しているキャットフードを選ぶことが大切です。手術の傷はすぐに治るものではなく時間をかけてゆっくりと完治していきますので、しっかりと栄養がとれるキャットフードをあげて猫の術後をしっかりとサポートしてあげましょう。

(2)人工添加物はNG

術後の猫は回復期間になりますので、「エトキシン」や「BHA」などの高い毒性を含んだものや「着色料」「香料」などが含まれていないものを与えるのがベストです。

■猫の避妊手術・去勢手術の後気をつけることとは?

猫の去勢手術を行なうと「太る」「尿路疾患」にかかりやすくなるともいわれています。
特に去勢した時期が早い猫の場合は、尿路の成長が止まってしまい標準よりも細くなってしまうのでどうしても詰まりやすくなってしまうのが原因だとされています。とはいっても早めに手術をすることにより、子宮系の疾患にもかかりにくくなるといわれており、国際猫医療機関では生後6ヶ月までに避妊手術・去勢手術をするのをすすめています。

猫の全員が「太る」「尿路疾患」になるわけではなくあくまでも可能性を高めてしまうというだけですので、だからといって過剰に心配する必要もありません。でも出来る限り防げる方法があれば実践してあげたいと思うのが親心ですよね。尿路疾患を防ぐコツはキャットフードを専用のものに変えることです。

■「ピュリナワン避妊・去勢した猫の体重ケア」がおすすめ

「ピュリナワン避妊・去勢した猫の体重ケア」は通常のチキンではなくターキーを使用することにより、約24%の低脂肪・約17%の低カロリーを実現しています。その為尿路疾患にかかりにくいように脂質分の調整・体重管理にとても役立ちます。

しかも天然の食物繊維を豊富に配合したことでお腹に溜まりがちな毛玉をしっかりと絡め取り、便と一緒に排出してくれます。尿路疾患にならないようにミネラルバランスを調整し尿のペーハー値を弱酸性の状態に保ちます。避妊手術・去勢手術後のトラブルを最大限防ぐ工夫はもちろん幅広い年代の猫が食べられるように高品質で安全性にこだわったキャットフードだといえるでしょう。
手術後の猫を少しでもサポートしてあげられるととても好評です。

「ピュリナワン避妊・去勢した猫の体重ケア」は避妊手術・去勢手術あとのデリケートな猫の体を守る栄養分をしっかりと配合しています。猫は急に餌が変わると食べなくなってしまう場合もあるのですが「ピュリナワン避妊・去勢した猫の体重ケア」は健康であることと同時に美味しさにもこだわっているので、手術後の猫をしっかりとサポートしてくれます。