ピュリナ-ワン-メタボリックエネルギーコントロール-太りやすい猫用-

ピュリナ-ワン-メタボリックエネルギーコントロール-太りやすい猫用-

大切な家族だからこそずっと長生きして欲しいものです。でも日頃から運動不足や食べ過ぎで平均体重よりも少し太り気味…なんて猫ちゃんもいますよね。人間だって太りすぎは病気の原因になりますし、猫だって決していい影響はありません。しまいにはメタボリックシンドロームと診断されてしまうことも。そんな猫のキャットフードは「ピュリナワン成猫用メタボリックエネルギーコントロール」に変えてみませんか?

■太り過ぎの猫は実はとっても危険!

近頃標準体重よりも太り気味の猫が増えているといいます。そもそも室内で飼っている猫の祖先は砂漠出身者になり、体力を極力消耗したくない種族になります。子猫の時はいろんなものに興味を示して動き回っていても、成猫になると基本的には運動したくないというのが猫の性質でもあるのです。特に秋冬となると厳しい寒さに備えて志望を蓄積しはじめます。

家の中で飼われている猫は基本的に何もすることがないので、その脂肪をそのまま蓄えてしまうがちに。それでいて今は美味しいものがたくさんありますので、おねだりする度に飼い主がおやつばかりあげているとどんどん太ってしまうのです。本来猫は他のペットと比べても太りやすいので飼い主がしっかりと体重管理をしてあげないとすぐに標準体重よりも多くなってしまいます。

猫の肥満をそのままにしていると心臓や血管へのリスクが高まり血圧の上昇が起きることや、皮下脂肪が増えると皮膚病の原因となることもあります。体重が増えすぎて関節に負担がかかってしまいヘルニアなどの原因を引き起こすことも考えられるのです。猫の糖尿病なども増えています。

■猫のダイエットはどうしたらいいの?

猫のダイエットで必要なことは「食事制限」と「運動」です。
運動に関しては子猫などまだ興味を示してくれるうちはできるかもしれませんが成猫になると猫じゃらしを見せても反応しませんし、自分から動くこともしません。年齢を重ねれば重ねるほど猫を運動させるのは難しくなると心得ておいた方がいいでしょう。

それならば「食事制限」が一番です。おやつをできるだけあげないようにするのはもちろんですがキャットフードを肥満用に変えるだけでも、猫のダイエットに繋がります。まさかダイエットさせないといけないからといって餌を与えないわけにはいかないですし、肥満用のキャットフードであり、それでいて猫が好んでくれるような美味しいものに変える必要があるのです。

■「ピュリナワン成猫用メタボリックエネルギーコントロール」で無理なく体重制限

「ピュリナワン成猫用メタボリックエネルギーコントロール」はどうしても体重が増えてしまう猫に、炭水化物の量を調節することでネタボリックエネルギーをコントロールします。これこそが代謝エネルギーのもとになります。さらにはLカルニチンやタウリンを配合し運動不足の猫でも脂肪が燃えやすく、しかもつきにくい仕様になっているので安心して与えることができますね。

低脂肪・高タンパク質・低カロリーでしっかりとエネルギーをコントロールして1歳以降の太りやすい猫の体型や健康維持に役立ちます。食べるだけのダイエットになるので猫にとってもストレスになりませんし、高品質で素材にこだわったターキーを使用することで味も維持しています。肥満用のキャットフードになるとどうしても味に満足してくれない猫が多い中、これならしっかりと食べてくれるので安心です。

猫はどうしても太りやすい生き物です。飼い主がしっかりと健康管理をしてあげないとすぐに標準体重よりも太ってしまいます。猫を背中から見た時に両方にお腹が出ていたら少し太りすぎかもしれません。キャットフードで無理なくダイエットしてくださいね。